【写真あり】目頭切開当日!腫れや痛みについて

目頭切開W法の整形当日の手術の流れや方法や痛み・腫れについて写真付きでレポします♡

目頭切開は腫れが少ないので抜糸まで糸は付いているけどダウンタイムが楽でした。

目頭切開の手術当日の流れ

手術当日の流れはざっとこんな感じです。

事前に先生とカウンセリングをしてから、手術の日を予約しました。

お会計→着替え→デザイン→オペ→帰宅

目頭切開の手術当日に予約金の残りを払う

当日はクリニックへ到着し、事前に支払いした予約金の残りのお金を払いました。

手術当日ははもちろんノーメイクで向かいます!

クリニックによってはマツエクが付いてると手術をしてくれない場合もあるので
マツエクもオフしてから向かいましょうっ!

その後、オペ室へ呼ばれ上着を着替えた後に私はモニターだったため写真撮影。
施術台に寝転んで先生を待ちます。

目頭のデザインを決めてマーキング

施術台に寝た状態で、先生がマーキングをします。

先生登場!!先生が来たら、もう一度どの位目頭を切りたいか、
どんな形にしたいか伝えます。ここでしっかり自分の意見を伝えましょう!!!

私はしっかり変化が欲しかったけど、切り過ぎて不自然な目になるのは嫌。

「不自然にならずに自然な範囲で、出来る限り蒙古ひだを切って下さい!きれいな平行二重にしてください!!」と伝えました。わがままな注文でごめんなさい先生。笑

この位切ってこんな感じになりますよ~と、鏡を見せてくれます。

目頭切開の麻酔の注射、手術は思ったほど痛くない

マーキングが終わったら消毒、そしていよいよ麻酔の注射。

ちなみに目頭切開の麻酔はほぼ局所麻酔だと思います。
痛みや怖いのが苦手な場合は笑気麻酔もするのかな。
麻酔の注射が目頭にチクッと数回さされた後は全く痛くない!

メスでサクッと、すーっと目頭を切られている感覚はありますが
しっかり麻酔が効いているためほぼ無痛に感じました。
(毎度整形するたびに思うけど、麻酔ってすごいね。)

手術時間は大体1時間もない位かな。
麻酔とかデザインのマーキングの時間を含めるとプラス1時間位。

最後に切った傷を糸で結び終了!

10~20分位目を冷やしながら、ナースさんが術後の注意を教えてくれます。

痛み止め、抗生剤、ガーゼ数枚(帰りに血が垂れてくるかもしれないので)をもらいました。

目頭切開の整形手術直後の写真!

目頭切開当日直後の写真

目頭切開直後、帰宅して撮った写真です。当たり前ですが、目頭に糸が付いています。

クリニックからは電車に乗って1時間程かけて帰るのですが、
糸が丸見えでバレバレなので、サングラスか深めの防止は必須です。
私は黒ぶちメガネで帰りました。

当日麻酔が切れたあとの痛みは少しジンジンとしてきたので、念のため痛み止めを飲みました。それ以降は特に痛み止めを飲む事は無い位ほぼ気になりませんでした。

目頭切開の術後やダウンタイムの過ごし方

目頭切開後、5日目の抜糸まで洗顔はできない

目頭切開の抜糸は手術から5日後で抜糸までは目頭に糸が状態で過ごします。

なので洗顔フォームやクレンジングが出来ません。私はべたべたして気持ち悪かったので、

糸の塗ってある箇所以外は洗顔シートや拭くだけコットンなどで拭いていました。

保冷剤でよく冷やし数日は激しい運動や辛い物を食べない

目頭切開はそこまで強く腫れませんが、術後の治りや腫れを最小限にするために保冷剤でなるべく冷やします。

あとは激しい運動をしたり当日お風呂に入ったり辛い物を食べて体の血流が良くなると腫れが強く出る場合があるので控えるようにとのことでした。

目頭切開の費用や相場について

目頭切開はどこの整形外科でもそこまで高くないです。
私はモニター価格で両目で15万円位でした。相場病院によって違いますが20万円くらいでしょうか。安いところを調べたら両目で10万円位のところもありました。

私の場合あまりに安すぎる整形外科は何かしら理由が・・・?など不安になってしまいます。きちんと経過写真や症例写真を見てしっかり先生とカウンセリングを行ってくださいね!

ちなみに美容外科を探す場合や事前に用意するものでオススメなものは「眼瞼下垂の美容外科選び、手術前に準備するものリスト」の記事に書いてあるのでチェックしてみて下さいね。

The following two tabs change content below.

整形女子

美容整形が趣味のアラサーOL。過去に整形にかけた費用は500万円以上。骨以外ほぼいじってます。メンタル弱め。過去の整形遍歴は(プロフィール)からどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする