【写真あり】切らない目の下のたるみ取り+脂肪注入の腫れや経過、痛みなど!当日レポ

こんにちは!今日は、目の下の切らないたるみとりをした時のことを書きますね。

現在術後1年半経過していますがとても満足度の高い手術でした!術後の腫れ、どの位腫れるのか、術後の痛みについて書いたので参考になれば嬉しいです。

目の下のたるみ取りをしようと思ったきっかけ

「疲れてる?」「今日は寝不足?」「眠そうだね」

20代前半の頃から人に言われる事があったのですが、あまり気にしていませんでした。

ここ最近(30歳になったころから)言われる回数がどんどん増え、どんなに元気でも、十分な睡眠を取っても、丁寧にメイクをしても言われるように。
この時はまだ「疲れた顔」「寝不足に見える顔」の原因が一体なんなのか、全く気づきませんでした。

一番ショックだったのは、気合を入れて行った飲み会の席で初対面の男性に一言目で「仕事大変だったの?すごく顔が疲れてるね~。」と言われたことです。
だって、全然寝不足じゃなかったし、メイクも髪型もバッチリ決めて最高の状態で行ったはずだったんです!笑

目もとの印象って本当に大事で、どんなにお肌のお手入れしても髪の毛を綺麗にしても、一瞬で「疲れている」という印象を相手に与えてしまうんですね。

その後は必至に「疲れた顔 原因」「眠そうな顔 原因」という言葉でGoogle先生に質問してました。笑

私の顔がなんだか疲れて見える原因を調べていると、これかな?と思えた答えが「目の下のクマ」整形する事しか頭にない私はとにかくヒアルロン酸を目の下に打てば解消されるんじゃないかと思い早速カウンセリング予約。

(コンシーラーで隠したりメイクでどうにか改善したりとしたのですが全然解消されなかったんです。泣)

が、しかしカウンセリングで先生にあなたの目の下のクマはヒアルロン酸を打つだけでは解消されないと言われて「目の下のたるみ取り」という整形をおすすめされました。

以上が、私が「目の下のたるみ取り」をしようと思ったきっかけです。

カウンセリングと目の下のたるみ取りの手術内容について

先ほど説明した通り、早速先生に「目の下のクマが気になるのでヒアルロン酸入れててください~;;」とお願いしたところ、それはクマではなく目の下の脂肪とたるみであると指摘されました。
ヒアルロン酸を入れても解消されず、原因である脂肪を取り除く必要があると。

え?クマだと思ってたけど目の下の脂肪のたるみだったね…。そう。よく政治家さんとかに、目の下の膨らみがある方いらっしゃいませんか?あれは脂肪のたるみなんです。
目の下が膨らんでいることによって影が出来てクマのように見える。もちろん膨らみで影が出来る訳だから、コンシーラーで消しても消えることはなかったのですね~><!!

目の下の脂肪を取った後は若干凹みが生じる可能性があるので、同時にコンデンスリッチ脂肪注入を行うことにしました。
コンデンスリッチ脂肪注入とは、太ももなどから採取した自分の脂肪を注入すること。採取した脂肪は特殊な機械にかけてより定着しやすい脂肪のみを注入してくれます。
手術名は、「コンデンスリッチ脂肪注入併用の目の下の切らないたるみ取り」だったかな。
目の下の切らないたるみ取りの手術方法は、目の下の裏側(脂肪のある箇所)をひっくり返し、目の裏に小さな穴を開けて溜まっている脂肪を取り除くというもの。
“切らない”と言ってるけどこれは穴を開ける時点で切っているのでは…?と思ったけどスルーしておく。

とにかくこの目の下の脂肪のたるみと!疲れた顔と!おさらばしたいのよ!先生お願いします!早速手術の予約をしました。

手術の流れと麻酔について!麻酔は痛い?手術中に痛みはある?

手術当日はスッピンでクリニックまで行きます。受付でお会計を済ませたあとはクリニックのお化粧室で洗顔をします。
待合室に戻り名前を呼ばれるまで待ちます。何度も整形してるから待っている間は全く緊張しないし、次の整形箇所について調べます。笑

準備が出来てオペ室に呼ばれ、手術用のガウンを着て手術台に寝転びます。

今回麻酔は静脈麻酔(完璧には眠らないけれど、眠ったような麻酔。麻酔が効いている間は痛みや恐怖がありません。)と笑気ガス麻酔(酔っぱらったようなふわふわした感覚になります。緊張感がほぐれる麻酔)を併用してもらうことにしました。
はじめに鼻から笑気ガス麻酔を吸って、麻酔が効いてきたら静脈麻酔をします。静脈麻酔をして手術をする場合は、麻酔の針を刺すときにチクっとする以外に、手術の時の痛みは感じません。

静脈麻酔でうとうとしている間に、おそらく目には局所麻酔をしていたんだと思います。本当に、痛くないんですよ。麻酔ってすごいなぁと毎回感動(?)します。
更に今回はコンデンスリッチ併用で目の下に入れるために太ももから脂肪を取ったのですが、その時もうとうとしていたようで全く記憶がありません。

目の下に脂肪を注入してもらう時も覚えていないかなぁ。覚えていないから痛みも怖さも全くありませんでした。

なんとなく覚えているのは、目の下の脂肪を取り出している途中でぼんやり目が覚めて、目の下を引っ張られているような感覚と、私が先生に対しベラベラとおしゃべりをしていた事。笑
静脈麻酔は本人の意識が無いだけで、うとうと寝ているような状態になる麻酔なので寝ている間に寝言を言う方も多いみたいです!

どの位腫れるの?腫れは何日で引くの?内出血は?

どの位腫れるのか、何日で引くのかは手術の痛みと同じくらい気になりますよね。カウンセリングの際に先生に腫れについてきいたところ、
目の下の脂肪を取るだけだったらそこまで大きく腫れないけれど、その後脂肪注入する場合は大きく腫れるし内出血も出る。2週間位は腫れると思ってくださいね。」と言われました。

ではここで実際に手術のあとの写真を載せますね。

目の下のたるみ取り術後の腫れ

写真だとわかりにくいのですが脂肪注入も一緒にしたので、目の下がかなり腫れています。脂肪注入はいずれ吸収されることを前提に多めに注入するので直後はぱんぱん。馴染んでくるまでが約2週間~かかるのです。

糸で縫ったり、抜糸が必要な施術ではないので、マスクをすれば翌日でも仕事に行く事は可能だと思います。実際に私は仕事の休みが取れなかったので、翌日は仕事に行きました!
人によっては、充血したように目も赤くなるので職場の人には事前に目の下のたるみ取りをする事を公言していたので驚かれる事はありませんでしたが、内緒にしたい人はマスクを着用したまま、浮腫とか泣きすぎたとかコンタクトつけたまま寝てしまったとか言って誤魔化す事は可能かな。

ダウンタイムはどの位?手術の翌日に仕事復帰できる?傷跡は?

この手術のダウタンタイムは、腫れが落ち着いて脂肪が馴染むまでの約2〜3週間です。

脂肪注入した場合は、内出血が出る場合もあります。私の場合は内出血と、あとは目も充血したように赤くなりました。

脂肪注入をしなかった場合は、2週間くらいかな?目の裏側の手術のため、傷口が見えることはありません。また、抜糸の必要もないので腫れや内出血はありますが、翌日でも仕事へ行く事や人に会うことは可能です。

ビフォーアフター!術後2週間後の経過写真

目の下のたるみ取り2週間後の経過写真

1年半経過しましたが、特に戻ってきたりなど不満な点はありません。ただ10年位でまた戻るようなのでその時に再度手術するかもしれません。

まとめ

目の下のたるみ取りは、私の中でやって良かった美容整形ランキング3位以内に入る手術です!この手術をしてからは、眠そうだとか疲れている顔だとかは一切言われなくなりました。私の中で「疲れている顔=老け顔」なので目の下のたるみ取りをすることにより目元がすっきりしたことで老け顔改善、アンチエイジングにもなりました。冒頭でも書きましたが目元の印象で第一印象を決めてしまうといっても過言ではない!と私は思います。

失敗したら…とか痛みが不安…ダウンタイムが取れないなど色々と不安要素がある方が多いと思いますが、まずはカウンセリングに行って先生に診てもらうだけでもスッキリすると思います。

The following two tabs change content below.

整形女子

美容整形が趣味のアラサーOL。過去に整形にかけた費用は500万円以上。骨以外ほぼいじってます。メンタル弱め。過去の整形遍歴は(プロフィール)からどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする